砂利道

 

舗装路、未舗装路、雪上に氷上、泥地も。どの路面を走るにしても、クルマとタイヤが持つ性能の限界に近づこうとすればするほど運転の難易度は上がる。
難しさにもいろいろあって、先の予測がつかない中で起きたことに対して瞬時に反応しなければならないところに、砂利道における運転の難しさがある。 続きを読む

Ford GT

 

初めてそのクルマを見たのは、暮れの近づいた昨年のこと。場所はヘンリー・フォード博物館だった。
「近い将来に君は運転することになるよ」―― もしもこの時、誰かにそう言われても、きっと信じなかったと思う。 続きを読む

シニア

 

英文によるシニア向けの迷惑メールが毎日のように届く。
どれも件名にSenior の六文字が含まれているから、シニア向けであることに間違いはなく、本文に決まって、白髪の男性か女性のイメージ画像が付いてくる。 続きを読む

Bless you

 

二十年ほど前にイギリスに住んでいた当時、フラットの一階にあった共同のキッチン、ほかにはラリーチームのファクトリーなどでくしゃみをすると、フラットメイトやメカニックから “Bless you” と声をかけられていた。 続きを読む

お土産

 

帰国していた同僚夫婦のお土産は、日本ならではの食品の数々だった。
フリーズドライの味噌汁、まぐろフレークの缶詰、味付き海苔、などなど。おやじ向けセレクションがありがたい。 続きを読む

 

ここ二週間ほどでぐんぐんと気温が上がり、ようやく春らしい気候に。

今日までそこに樹が立っていることすら気づかずにいて、窓の向こうに見た淡い紅色の花は桜だった。 続きを読む