フェニックスにて

アリゾナでつかぬ間のオフを過ごすことになり、フェニックスまで車を走らせる。
一九八九年から一九九一年までF1のアメリカ グランプリが開催されていたフェニックスの公道コースの ”今” を見たくなったのだ。

そこはビル街をステージとした特設サーキットで、「砂漠に囲まれたコンクリートジャングル ――」とテレビ中継の実況で聞いたような覚えがある。

目的地に着き、コース通りに走ってみたものの、もはやグランプリコースとしての面影はなく、歩いてコースを一周してみようとの考えはすぐに失せてしまうのだった。
メインストリートから路地裏を覗くと、街は荒れており、歩くのはおろか、信号待ちで車を止めることすら躊躇われるほどだ。

アイルトン・セナが圧倒的な速さで駆け抜けたフェニックスの街の今はどこか物悲しい。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。