ダウンコート

 冬が近づくと一着の白いダウンコートを思い出す。
どうしてあの日に限って、毎日のように見ていたダウンコートの前で足が止まったのだろうか。

 ハンガーラックに並ぶジャケットやコートに押しつぶされるかのようにそのダウンコートはかけられていた。
きれいなダウンコートをじっと見ていると、袖口のあたりがうっすらと黒ずんでいることに気付く。

 ダウンコートの主は、汚れに気付いていながらそのままになっていたのだと思う。
いつも自分ではないほかの誰かに尽くし、自分のことには目もくれずにいる人柄を僕は知っている。

 自分を犠牲にするその姿が頭の中で何枚もの画になると、胸のあたりにたしかな温度を感じた。

 ダウンコートに呼ばれたかのように立ち止まった理由は説明がつかず、答えのない問いに今夜も思いを巡らせる。
 主の人となりを表したあの白いダウンコートは忘れがたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。